YouTube攻略への道〜つくる・伝える・残す〜

エンターテイメント
どうも、柳生です。

 

現在、鳥飼八幡宮さんのYouTubeチャンネルの
撮影・編集をサポートさせて頂いているのですが、
今回から、画枠と編集を改良しています。
今まではテロップでおもしろく見せるような
エンタメ寄りの編集をしていましたが、
今回からはテロップなしで左上に話題のタイトルを入れていきます。

 

 

両脇には社名と名前を常に表示して覚えてもらおうという目論見です。
名前ってはじめの自己紹介の時にさらっと言うだけなので、
ついつい忘れがちになってしまいますよね。
こうすることでトークの印象がそのまま名前とつながるので、
紐付けされて覚えてもらいやすいと思います。

 

枠や文字のスタイルも装飾控えめのシンプルな形にしました。
この方が高級感もあってシンプルでかっこいいので、
宮司さんと社長さんの権威性を活かしつつも、
トークのおもしろさがギャップで際立つかと。

 

ゲストの社長さんたちも会社の信用を背負っているので、
テロップでおもしろく見せるYouTuber的な編集よりも、
情熱大陸やカンブリア宮殿のようなドキュメンタリー風に、
エンタメ要素を抑えた大人な編集の方が出演しやすいと思います。

 

テロップでいじられたり、
言葉を加工されるのを嫌う方もいると思いますので、
そこには直接手を加えず、
枠で引き立たせる形に方向転換しました。

 

↓今までの形

 

テロップがあるとわかりやすい半面、
文字を追ってしまうので
言葉が奥まで届きにくいというデメリットもあります。

 

せっかく宮司さんと社長さんという
ドーーンと雰囲気のある方々が出演されているので、
余計な動きは付けずにその風格と
そこから発される生身の言葉に集中して頂いた方が
よりストレートに奥深くまで伝わるのではないかという考えです。

 

宮司さんも社長さんも、
この形の方が周りの方々にも勧めやすいかと思います。

 

…と、そんなことを考えながら、
色々と試行錯誤を積み重ねながら
撮影・編集をさせて頂いてます。
日々勉強です。

 

「神は細部に宿る」

 

という言葉が僕は好きで、
なぜそういう形になっているのか―。
すべてには意味があり、そこには心があり、
それが説明しなくても伝わるような、
そんな伝え方を追求していきたいと思います。

 

僕は普段、職人として眼鏡をつくっていますが、
動画づくりも同じだな〜と最近思うようになりました。
これからも人・物・事のつながりを大切にしながら、
色んな方々と共に、色んな思いを込めて、
ものづくりをしていきたいと思います。

 

これだからものづくりはおもしろい!

 

伝えること、残すこと―。
その手段として動画は一番優れている。
だから僕は動画をやる。

 

「鳥飼八幡宮宮司 やまちゃんねる」
引き続きよろしくお願い致します!

 

 

そして…
僕の回だけ視聴回数が可哀想なくらい少ないので、
見てあげて頂けると嬉しいです。笑