“15秒”にすべてを込めて―。

 

DREAM THEATER(ドリームシアター)は、
15秒CMに特化したプロモーション動画制作×プラットフォーム事業です。

 

「15秒」という限られた時間の中で、
いかに自分・自社の魅力を表現・発信するか―。

そこには物語があり、哲学があり、映像やアニメーション、音楽など、
あらゆるアートとクリエイティブが融合し、一つの作品となる。
ブランディング、マーケティング、プロモーションなど、
ビジネス的にも様々な要素が集約される。

 

現行プロモーションの課題…

 

しかし、残念なことに…
テレビやYouTubeでは「CM」は邪魔もの扱いされてしまう。
なぜなら、テレビやYouTubeがアート・エンタメの主役であり、
ユーザーはそれらを観に来ている。
CMはその間に入り込んでくる「宣伝」だからだ。

 

そこで、DREAM THEATERではCMを一つの「作品」としてとらえ、
アート・エンタメの主役として、逆にCMを観に来るような場をつくる。
知ってもらうため、宣伝のためのプロモーションではなく、
“作品としてのプロモーション”を好んで観に来て頂けるようなメディアをつくる。
言わばCMは「小さな映画」であり、ここはそんな物語を紡ぐ映画館である。

 

広告」の在り方を再定義する

 

制作された動画は弊社のYouTubeチャンネルにアップロードさせて頂き、
作品一覧としてDREAM THEATERにも掲載させて頂く。
ユーザー様には掲載された作品を鑑賞して楽しんで頂く。
納品された動画はもちろん自由に使って頂いてOK。
TVCMやネットCM、YouTubeのオープニング・エンディングなど、従来通りの使い方も。

 

掲載された動画にはクライアント様のリンクを紐付けし、
DREAM THEATERやYouTubeから作品一覧を観て頂くことで、
その動画がそのままプロモーションになっているため、
そこからファンができたり、仕事の依頼が入ることも。

 

柳生の名刺にはDREAM THEATERのQRコードを組み込み、
スキャンすると作品一覧として、クライアントのみなさんの15秒CMが観られる。
つまり、柳生が出会う人に名刺をお渡しする度に、
受け取った方に対してDREAM THEATERを通して、
クライアントのみなさんの動画も同時にプロモーションされることになる。

 

DREAM THEATERはただの動画制作にとどまらず、
アート・エンタメとしての価値、
メディア・プラットフォームとしての価値、
ブランディング・マーケティングとしての価値、
プロモーション・営業ツールとしての価値、
柳生の出会いと人脈に対する価値、という多くの付加価値を提供する。

 

「価値」としての多様性

 

はじめは制作目的での依頼からはじまり、
実績と信用を積み重ねていく中で作品とユーザー様が増え、
プラットフォームとしてのブランド価値が高まっていくと次第に
「そこに自分・自社の動画を掲載したい」
という広告目的での依頼が入りはじめる。

 

そうなったら価格を上げたり条件をつけたりすることで、
価値を高めたり場の信用を保ったりする。
FacebookやInstagramなどにも広告を出し、露出も増やす。
ここでもクライアントのみなさんの動画の露出も同時に増えることになる。

 

つまり、DREAM THEATERの発展によってあらゆる面で相乗効果が生まれ、
関わるすべての人たちが幸せになる流れができる。

言わば“みんなで育てていくコミュニティ型のプラットフォーム”である。
一人一人の物語が集まり、大きな一つの物語となる―。
まさに「映画」そのものだ。

 

そんな夢のような場をみなさんと共につくりたいと思っている。

 

 

#15秒CM
#広告をアートに
#ドリームシアター

 

募集要項

 

  • ホームページや名刺のデザインをして頂けるデザイナー・エンジニア様
  • 写真や動画の撮影・編集をして頂けるクリエイター・制作会社様
  • 動画の制作・掲載をご希望されるクライアント様(個人・企業問わず)
  • コンセプト・活動に共感し、共に楽しみながらサポートして頂けるユーザー様

 

DREAM THEATERを通して関わるみなさんと、
共感によるつながり、持続可能な信頼関係を築いていきたいと思っています。
提携・依頼のご希望や、流れと料金の詳細、質問など、
一度お話を聞いてみたい、という方は以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

お問い合わせ

 

 

プロデューサー

 

 
柳生 遥(Haruka Yagyu)
職人 × クリエイター × プロデューサー

 

神仏王の三道を通して、自然との調和と本物の人・物・事を追求。
二社で手作り眼鏡職人、動画制作の仕事をさせて頂きながら、
個人でWebの制作・コンサルやプロデュース業、
ファッションブランドや会員制スクールを展開。
会社と個人とコミュニティの活動を活かし合う“新時代の生存戦略”を推進。
現在、複数のプロジェクトを企画・進行中―。